伊豆の渋滞 抜け道

お盆、GWは渋滞するから伊豆には行きたくない…
せっかくの休みも移動だけで疲れてしまう…
そんな不安を持つ方も多いと思います。これから紹介する渋滞回避ルートを利用していただければ快適な伊豆の旅になるかと思います。伊豆旅行の計画にご利用ください。

伊豆主要道路

伊豆のメイン道路は2つ
・伊豆縦貫道
・135号線

伊豆縦貫道は東名高速道路の沼津IC方面から伊豆の中央を通る道路
135号線は小田原から伊豆の東海岸を通る道路となっております。
お盆、GWの混雑する時期は伊豆スカイラインを使い渋滞を避けてください。

①平日の下り(伊豆へ向かう)

渋滞箇所を特にありません。

②土曜日の下り(伊豆へ向かう)

渋滞箇所を特にありません

③GW、正月、9月連休の下り(伊豆へ向かう)

伊豆縦貫道

渋滞する箇所はありますがそこまで渋滞しないのでそのまま伊豆縦貫道で伊豆へ向かってください。

網代周辺

網代周辺で若干渋滞となりますが迂回ルートはありませんので135号線をご利用ください。

伊東〜伊豆高原

伊東〜伊豆高原の道は渋滞なしですと20分程ですが、渋滞の時期は1時間以上かかってしまいます。

④お盆、7月の連休、8月の土曜日の下り(伊豆へ向かう)

時間

伊豆の各地へ向かうルートは2つ、東名高速沼津ICから入るルートと小田原から入るルートがございます。
お盆の期間は、沼津ICもしくは小田原を朝の6時に過ぎていれば、迂回ルートを使わずに渋滞なしで伊豆の目的地に行けます。

小田原から東伊豆、下田方面への回避ルート

伊豆の東側・海岸線を通る国道135号線はかなりの渋滞となりますのでかならず避けてください。 小田原からマツダターンパイク箱根→伊豆スカイラインを利用し、 東伊豆の各観光地、熱海、伊東、伊豆高原へ向かってください。 

①平日の上り(伊豆からの帰り道)

夕方に伊東周辺で渋滞になりますが、迂回ルートを使用するまでもない渋滞です。

 

②日曜日の上り(伊豆からの帰り道)

伊豆高原〜伊東 回避ルート

日曜日の午後から伊東〜伊豆高原の道が渋滞してきます。普段ですと20分程で通過できる道のりも、渋滞の時は1時間以上かかってしまいます。

③GW、正月の上り(伊豆からの帰り道)

GW、正月、9月連休の渋滞箇所

伊東〜小田原間の海沿いは渋滞となりますので伊豆スカイラインへ回避してください。

④お盆、8月の日曜日、7月の連休の上り(伊豆からの帰り道)

上り 西伊豆〜沼津・小田原方面

上り 西伊豆〜沼津

お盆、8月の日曜日、7月の連休の上り西伊豆〜沼津への抜け道です。
沼津ICまで大渋滞となっておりますので名古屋方面へ帰る方は沼津ICで東名高速に乗らず、富士ICから高速に乗った方が良いです。

上り 西伊豆〜小田原

西伊豆から小田原へ抜けるルートは伊豆スカイラインを利用して小田原方面に向かってください。

裏ワザ

土肥港から清水港へフェリーに車を載せて向へば沼津周辺の渋滞を回避できます。

まとめ

伊豆スカイラインを渋滞回避ルートとして紹介しましたが、渋滞のない時期でも、伊豆スカイラインは富士山が見える絶景道路なのでぜひ利用をオススメします。伊豆に向かう際は海沿いルートを利用し、帰り道は伊豆スカイラインを利用して帰るのも良いと思います。帰りのルートで伊豆スカイラインを利用した方が正面に富士山が見えて運転が気持ち良いです。安全運転で伊豆の旅を楽しんでください。

クリック

ホントに伊豆?奇跡の海!秘境「ヒリゾ浜」が美しすぎる

都内からもアクセスしやすい南伊豆に、まるで沖縄の海のように美しいと訪れた人を魅了する海があります。
続きを見る»

本当は教えたくない!伊豆の穴場ビーチ3選

沖縄!?いいえ伊豆なんです!この海の透明度!!東京から車で3時間で行ける穴場ビーチを紹介します。
続きを見る»

子供が喜ぶ!ファミリー向け伊豆の海水浴場3選

伊豆半島は3方を海に囲まれているだけあって海水浴場の数はなんと約60もあります!その中から3つのオススメ海水浴場を選びました。
続きを見る»

伊豆の渋滞 抜け道

この渋滞回避ルートを利用していただければ快適な伊豆の旅になるかと思います。伊豆旅行の計画にご利用ください。
続きを見る»